Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

別大応援

だいぶ前の話になってしまうが、2月3日、だんなが参加する別府大分毎日マラソンの応援に行った。

 

9時半過ぎ、バスでスタート地点に向かうだんなをお見送り。

f:id:berry42195:20190206103045j:image

去年、一昨年と、2年連続、40km関門で10秒ちょっとオーバーで完走出来なかっただんな。

過去2年とちょっと違うことをしてみようということで、バスに乗り込む前に、自撮りしてみた(笑)。

 

だんなを見送った後は、自分の練習。

海岸やコース沿いを60分ジョグした。


f:id:berry42195:20190206102447j:image

途中、「別府大分毎日マラソン歴代優勝者記念碑」でパチリ。

別府に来るたび、立ち寄る場所だ。


f:id:berry42195:20190206102505j:image

近年の優勝者達。

一番印象に残ってるのは、第62回大会の川内優輝選手。

25㎞以降の中本健太郎選手とのデッドヒートはすごかった。

 

その後、ホテルに戻り、シャワーを浴びてから、応援に。

いつもの場所、4㎞手前トキハデパート前に陣取った。

 

正午から10分ほどすると、早くもトップ集団が通過。 


f:id:berry42195:20190203212503j:image

 

 

その後、参加することを把握しているランナーの皆さんを探しながら、応援。

おいやんさんを必死に探すも、残念ながら、見付けられず。

はてブロTシャツを着ておられるとのことだったので、すぐにわかるかと思いきや、全然わからなかった。

 

結局、ここで唯一わかったのは、トップが通過してから数分後やってきた、だんなだけ。

「頑張れ~!」と声をかけると、いきなり手袋を手渡される。

朝見た天気予報では、最高気温の予想が18℃とか19℃とか言っていたので、暑いのだろう。

こんなこともあるだろうと思い、予めビニール袋持参。

用意がいい、私(笑)。

その後、地下道を通って反対車線に移動し、折り返してくるランナーを待つことに。

これも、例年と同じ動き。

 

反対車線に移動後、16㎞を少し過ぎた辺りに陣取る。

しばらく待つと、トップ集団が通過。


f:id:berry42195:20190206105617j:image

その後、誰か知っている人が来ないかと目を皿のようにして探す。

往路は見つけられなかったSさんを発見!

声援を送った。

その後、だいぶ経って、だんながやって来た。

15㎞まで24分そこそこのペースで来ていたので、「いいペースだよ!」と声を掛けると、「キツイ!」と一言。

大丈夫かな?と思いつつ、次の応援ポイント、38㎞地点に向かうため、別府駅へ急ぐ。

ここでも、残念ながら、おいやんさんを見つけることが出来なかった。

 

例年、いつも同じ電車に乗って移動しているが、だんなが病気をしてからは、私もそれなりに急がないと、電車の時間に間に合わなくなった。

病気の後は、フルのタイムが5~10分程遅くなっているので、当然と言えば当然。

今年も、電車の時間には間に合ったが、車内は既に大混雑。

とりあえず空いている吊革につかまった。

 

電車に乗って、しばらくして、「ヤバい」と思った。

海岸線に背を向ける形で、吊革につかまっていたからだ。

電車は東別府駅を出ると、しばらく海岸線沿いを走るランナーと並行して走る。

毎年、電車の車窓からランナーの姿を見て、だんなに「頑張れ!」と気を送っているのだが、不覚にも、それに背を向けるポジションだったとは。。

 

東別府駅を出てからは、ずっと首を振り向けて、背中越しに海岸線を見ていた。

まずは、最後尾のランナーのすぐ後ろを走るパトカーや大会関係車両が見えた。

そのすぐ前に、最後尾のランナー数名の姿が見えたのだが、驚いたことに、そのうちの一人が、前日受付の後ランナーの広場で偶然会った、私と同年代の女子のお友達だった。

↓で、チラッと書いている。

berry42195.hatenadiary.jp

 

 

後で、応援naviでチェックしたところ、彼女の20㎞以降のタイムの表示がなかった。

ものすごく残念。

体調でも悪かったのだろうか?

 

彼女の少し前に、だんながいた。

だんなは電車に気づいたのだろう、こちらに向かって、手を振っていた。

顔は笑っていた。

 

前日のランチの際、「電車で移動している時に、いつも姿を探してるよ」という話をした。

だんなはきっとそれを思い出したのだろう。

 

ものすごくうれしかった。

ものすごく恥ずかしい物言いをすれば、だんなの愛を感じた。

「きっと完走してね」

この気持ちが、だんなに通じてほしいと強く思った。

 

高城駅で下車し、38㎞地点へ徒歩で向かう。

応援ポイントに到着した時点では、先頭ランナーは既に行ってしまっていたが、まだカテゴリー1のランナーが通過している時間帯だった。

だんなが通過するであろう時間帯には、まだ1時間近くあった。

道路を数本縦断して33㎞地点に向かおうかとも考えたが、これからは通過するランナーがどんどん増えてくる。

道路を渡って戻ってくるのが難しくなる事態も考えられるため、速いランナーを応援しつつ、だんなが来るのを待つことにした。

 

応援naviでチェックすると、だんなは30㎞までの5㎞は24分台半ばで粘っていた。

まだまだ油断は出来ないが、このままのペースで行けば40㎞関門(スタートから3時間20分)は無事通過出来そうだ。

「今年は大丈夫かも」

 

安心したのもつかの間、35kmまでの5㎞のラップタイムを見て、私は凍り付いてしまった。

前のラップよりもちょうど1分遅い25分台半ばに落ちていたのだ。

「去年と同じように、また脚でも攣ったのだろうか?」

 

もう気が気でなくなってしまった。

それまでは、「頑張れ~!」、「ファイト~!」などと、ランナーに声を掛けていたが、それ以降は、「早く来て~~~!」と応援には聞こえない悲鳴のような声を上げてしまった。

 

しばらく経って、ようやくだんなが現れた。

「大丈夫?」と声を掛けると、「〇〇〇〇、大丈夫」と手を軽く上げて答えて、走って行った。

最初の「〇〇〇〇」が聞き取れなかったので、レース後に何と言っていたのか聞いたところ、「キロ6分でも、大丈夫」と言っていたそうだ。

つまり、「これから40㎞関門までの2㎞をキロ6分で行っても、間に合う」ということ。

だんなのすぐ後ろを走っていた2人連れのランナーは、「そうなんだ!」と喜びの声を上げていたらしい。

 

だんなが通過してからは、自分もフィニッシュ地点までの4kmをのんびりジョグで移動した。

コース上には、だんなと同じように、40㎞関門と闘っているランナーが多数。

「わぁ、わぁ」とものすごい息づかいで走る人がいる一方で、もう諦めて歩いている人も。

私にとっては、エリートランナーよりも、気持ちがわかるランナーたちだ。

 

私が39㎞地点に着いたのは、40㎞関門まであと4分というところだった。

私のすぐ隣で、「チクショーーー!!」と大きな声を上げたランナーがいた。

あと1㎞、キロ4で走るのは、もはや無理なのだろう。

悔しいよね、きっと。

気持ちがよくわかる。

 

私が40㎞地点についた時には、既に関門が閉鎖されてからだいぶ時間が経っていた。

収容バスに乗るランナーはほとんどおらず、皆、ジョグで競技場を目指していた。

関門にひっかかったランナーに混じってジョグしていると、応援naviから、だんながもうすぐフィニッシュという通知が来た。

去年は来なかった通知に、胸が震えるぐらいうれしかった。

良かった、リベンジ達成だ!!!

40㎞の通過タイムは、関門閉鎖前1分数秒前。

今年も冷や冷やさせられた。

 

結局、だんなは、グロスで3時間31分台でフィニッシュした。

だんなによると、競技場内を走っていて、3時間30分を経過すると、観客からため息が漏れたそうだ。

でも、そんなことはどうでも良い。

だんなが3年ぶりに、別大を完走出来たことには変わりはないのだから。

 

だんなが来年再び別大にチャレンジするかどうかは、まだわからない(資格はある)。

ただ、チャレンジすると決めたのであれば、また現地で応援したいと思う。

また思いっ切りハラハラドキドキさせられてしまうだろうが、結果はどうであれ、別大を走るだんなは輝いているから。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。 

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ