Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

BUFFに無力感

今日のメニューはランドリル。

いつも迷うのは、どこでドリルをやるか?ということ。

先々週は、隅田川テラスで実施したけど、緊急事態宣言が発出されていると言うのに、ゆるゆるな人々を見て、ストレスが溜まった。

 

www.berry42195.xyz



今日も色々と迷ったけど、結局隅田川テラスへ行くことにした。

前回はお昼過ぎ、そして、今日は夕方4時前と、時間帯が異なるので、ひょっとしたら、人出が少ないのではないか?と予想して。


f:id:berry42195:20200425185409j:image

今日も、走っている間に、自分がウイルスを吐き出してしまう可能性を考慮して、BUFFを着用。

今日は速く走るトレーニングではないけれども、ドリルの時に足の感触がよくわかるよう、薄いソールのターサーを履いた。

 

まずは、2㎞ちょっとジョグ。

その後、隅田川テラスへ。

 

ひょっとしたら人が少ないかも・・・と期待した私がバカだった。

テラスは子連れのファミリーで賑わっていた。

テラスは、子供たちのジェイボードの格好の練習場所のようだ。

当てが外れた。

 

子供たちだって、学校がずっと休校になっていて、体を動かしたいだろう。

なので、3密を避ける形で、ジェイボードをやったって構わないと思う。

 

しかし・・・

子供の親同士、近くでぺちゃくちゃおしゃべりするのって、どういうことなのだろう?

ソーシャルディスタンスと言う言葉を知らないのか?

せめて、家族単位で遊ぶことって出来ないものか?

 

他人との距離を取っていないのは、比較的若い年代の人たちだけではない。

テラスを散歩中のおじいちゃん、おばあちゃんも、知った顔を見つけたのか、近くに寄っておしゃべりを始めた。

近所を散歩という気軽なシチュエーションのせいなのか、3人のお年寄りのうち、一人はマスクすら着けてないなかった。

「死にたいのか?」

真面目にそう思った。

 

どうして、こうも自粛しない人が多いのだろう?

理由は簡単で、「自分は絶対にコロナに罹らない」と根拠のない自信を持っている人が多いのだろうと思う。

つまり、他人事なのだ。

コロナの市中感染が進んでいる東京でさえ、この有様。

地方の他人事度は推して知るべしだろう。

 

隅田川テラスでは、ランジウォークをやっただけ。

子供のジェイボードの邪魔にならないように、テラスを出て、歩道で残りのメニューをやった。

歩道の方が人が少なくて、かえって良かったかも。

 

それにしても・・・

私一人が走る時にBUFFをしたって、一体何になるのか?

何だか虚しくなった。

 

その後、8㎞ほどジョグ。

 


f:id:berry42195:20200425185419j:image

 

f:id:berry42195:20200425185428j:image


f:id:berry42195:20200425185435j:image

 

相変わらず、BUFFをして走るのは、息苦しい。

可能であれば、BUFFをしないで、新鮮な空気を吸って、走りたい。

でも、自分がコロナに感染していないという確証は、今はないので。

 

周囲に気を付けて走っているのは、私だけではない。

ここ数日、ブログやSNSで、BUFFやマスクを着けて走るランナーの姿をたくさん見た。

私は一人ではない。

そう思って、BUFFを続けるしかないのかな。

 

ジョグから帰って来て、ポストを覗いたら・・・


f:id:berry42195:20200425185452j:image

 

「アベノマスク」が届いていた。

虫の混入とか、 不良品が多いという話だけど、大丈夫かな?

とりあえず、後で、中身をチェックしてみよう。

 

☆4月の走行距離: 173.49㎞

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ