Step by Step ~ 2025年サロマンブルー達成へ

走歴20年のアラ還女子ランナーのブログ。現在、くるぶし骨折からの回復途上で思うように走れません。めげずに、2025年のサロマンブルー達成を目指しています。

気になる・・・北海道マラソンの倍率

 

今日は、午後走って来ました!

 

いきなり結果どん。

 

f:id:berry42195:20220405175438j:plain


f:id:berry42195:20220405175443j:image

 

走ってみるまで全然気づいていなかったのだけど、太ももが恐ろしく筋肉痛(>_<)

一昨日の筑波山一周ランの影響が未だに残っているみたいで。。

www.berry42195.xyz

 

本当は、橋の往復をして、チャレンジ富士五湖の坂対策をやろうかと思っていたのですが、とてもじゃないけど無理。

なので、今日は・・・と言うか、今日も、豊洲ぐるり公園の平坦なジョギングコースを走りました。

 

それでも、公園からの帰り道は橋を通らなければならず。。

上りは問題なかったですが、下りがもう痛くて、痛くて、地獄でした(>_<)

情けない。

 

さて、ブログには書いていませんでしたが、北海道マラソンにエントリーしました。

サロマの中止を知ってすぐに、だんなが「抽選だけど、エントリーしよう!」と言い出したのです。

www.berry42195.xyz

 

正直言って、とても驚きました。

だんなは、2016年9月に越後湯沢ハーフマラソンを走った際、脱水症状からワレンベルグ症候群(延髄に生じた脳梗塞)を発症し、現地で1ヶ月入院。

以来、暑い中のマラソンを走るのは嫌がっていたからです。

 

私は、だんなの提案に大賛成。

北海道マラソンを走ったのは、2008年、2009年、2011年、2013年の4回ですが、それぞれにいい思い出があります。

 

特に、印象的なのは、初めて参加した2008年の大会。

当時は、制限時間4時間。

テレビ中継の関係でスタートは正午だったので、一日の一番暑い時間帯を走らなければなりませんでした。

当時の北海道マラソンは、今のような市民マラソンというイメージは全くなく、給食は一切出されず、給水は小さい紙コップの水のみ。

しかも給水テーブルがものすごく短くて、序盤はランナー同士で水の取り合いでした。

本当に過酷な大会で、フィニッシュした時の達成感は半端なかったです。

 

今年の大会は、制限時間が5時間から6時間に延長されるとのことなので、のんびり旅ランを楽しめたらいいなぁと思っています。

あ、すっかり走るつもりでいますが・・・

 

hokkaido-marathon.com

エントリー多数のため、抽選となったそうです。

まぁ、予想されたことではありますが、どのぐらい多数だったのか?

倍率が気になりますね。

 

抽選結果は4月中旬。

もしはずれたら、宿泊付きプランですかね。

www.hokkaido-marathon.com

 

☆4月の走行距離: 39.57km

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ