Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

夏の気配とベローチェのコーヒーゼリー

 

今日は、日中、暖かかった。

暖かい、と言うか、暑いに近い感じ。

こんな時、走れたら、いいだろうなぁ。

暑くても、まだじめじめの季節ではないから、気持ちのいい汗がかけただろうと思う。 

 

今日は・・・と言うか、今日も特段予定がなかったので、英語のレッスンを受けた後、だんなと近所を散歩。

歩いていたら、暑くなったので、カフェでブレイク。 


f:id:berry42195:20210504204842j:image

 

カフェ・ベローチェで、コーヒーゼリーを頂いた。

ここのコーヒーゼリーは、私の大のお気に入りだ。

 

ベローチェと言えば、私のマラソンの歴史が始まった場所でもある。

約17年前、その年のホノルルマラソンに参加することを決意した私とだんなが、その時点でホノマラを11回完走していた私の古くからの友人に時間を取ってもらい、ホノマラ、そして、マラソン(ウルトラマラソンも含む)全般の話をレクチャーしてもらったことがある。

その時、3人が集まったのが、銀座のベローチェだった。

友人曰く、ベローチェはイタリア語で「速い」の意味で、マラソンの話をするのに適した場所だと。

 

友人に話を聞く前は、「42.195㎞も走るなんて、本当に出来るのかな?」と不安しかなかった。

でも、その時に、写真を見せてもらいながらホノマラの話を聞いて、「完走出来るかどうかはわからないけれども、何だか楽しそうだな」と思ったのを覚えている。

 

そして、その年のホノルルマラソンを4時間00分47秒で完走。

4時間切れなかったことで、負けず嫌い魂に火が付いて、マラソンにますますのめり込んでいくことになった。

まさか、マラソン熱が17年以上も続くとはね。

 

今でも、ベローチェに行くたびに、あの時のことを懐かしく思い出す。

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ