Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

今年のバレンタインデーはCentho(セントー)のチョコレート

昨日は、バレンタインデー。

今年もだんなに本命チョコをあげました。

今年、私が選んだのは、Centho(セントー)という、ベルギーのチョコレート。

今日は、Centhoについて書いてみようと思います。

 

 

 

Centhoのチョコレートとは

そもそもCenthoって、あまり耳にしたことないですよね?

Centhoは、2000年にゲールト・デコスター氏が創設した、ベルギーのショコラティエです。

日本語の公式HPもあります。

centho-japan.jp

 

公式HPによれば、日本には店舗はなく、バレンタインデーの時期に各地のデパートに期間限定で出店しているだけのようです。

なので、日本ではかなりレアなチョコレートと言えます。

 

どんなチョコレートを買ったの?

私は、銀座三越で、8個入りを買いました。


f:id:berry42195:20200215105803j:image

見た目がものすごく美しいですよね?

 

 

Centhoの売りは、塩キャラメル、ガナッシュの間にジャムが挟まった3層構造のチョコレート、そして、プラリネなのですが、8個入りの箱は、その3つがバランスよく入っていて、お得感がありました。

 

まだ8個全てを頂いていないのですが、昨夜は、上の列左側から二番目の「エビゼ」と、下の列右側から二番目の「ラヴァンド」の二つを頂きました。

もちろん、だんなに独り占めはさせません。

一粒を半分に切って、頂きました(^^;(←セコイ?)

 

「エビゼ」は、ベトナム産カカオを使用し、マンゴー・生姜・コリアンダーでアクセントをつけたチョコレート。

「ラヴァンド」は、コスタリカ産カカオのガナッシュに、ラベンダーの香りを加え、マンダリンジャムをサンドしたもの。

カカオの産地にこだわっており、さらに、「え?チョコレートに合うの??」という意外な素材を使い、見事に調和させています。

残りの4個も楽しみだ~(^^♪

 

今年のCenthoはちょっと特別

実は、だんなにCenthoのチョコレートをあげたのは、今年が初めてではありません。

FACEBOOKの「過去のこの日」によれば、2年前のバレンタインデーも、やはりCenthoを選んでいました。

しかし、今年のCenthoはちょっと特別でした。

と言うのも・・・


f:id:berry42195:20200215105814j:image

ショコラティエのゲールト・デコスター氏のサイン入り!

たまたま私が三越のバレンタインデーの催事場に出掛けた時間帯に、デコスター氏が売り場にいらしていたのでした。

息子さんも、試食用のチョコレートを配ったりと、家族でチョコレート造りに励んでおられるのだなぁという印象を持ちました。

 

来年のバレンタインデーに、Centhoのチョコレート、おススメです! 

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ