Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

【奇跡の軌跡】2019サロマ湖100㎞ウルトラマラソン~50㎞まで

長くなりそうな予感がするサロマのレースレポ。

よろしくお付き合い頂ければ、うれしいです。

昨日アップした「レース前編」は、↓からどうぞ。

berry42195.hatenadiary.jp

 

レースを10㎞おきのラップタイムとともに振り返ってみたい。

イメージしやすくするため、コース図の画像をサロマ湖100㎞ウルトラマラソンの公式HPからお借りした。

 

f:id:berry42195:20190707143919j:plain

f:id:berry42195:20190707143933j:plain

 

~10㎞ (1'06'14")

午前5時スタート。

「行ってらっしゃい!」と沿道からの応援がうれしい。

4月初旬に肘骨折をし、精神的にも肉体的にも辛い日々があったけれども、それを乗り越えて、3年ぶりにサロマに戻ってくることが出来た。

スタートラインに着くことが出来ただけでも、感激だった。

 

いつもサロマを走る時は、最初の5㎞だけ、だんなと一緒に走ることにしている。

スタート後、すぐに二人ともトイレに行きたくなってしまい、4㎞地点付近だったか、前日ランチを頂いたリボン食堂の前にある公衆トイレに入る。

二人ともほぼ同時に出て来て、再び一緒に走り始める。

そして、5㎞地点で、予定通りお別れ。

だんなに先に行ってもらう。

 

肘骨折から復活して、サロマに向けての練習期間は実質1ヶ月ちょっと。

なので、今年は、これまで以上に、慎重にレースを進めようと思っていた。

想定ペースは、キロ6分50秒~7分ぐらい。

前方からのスタートだったため、5㎞までは周りにつられて想定よりもだいぶ速く入ってしまったが、だんなと別れてからはとにかく淡々とペースを刻んでいこうと思った。

 

6㎞過ぎぐらいだったか、右前方をチャーリーさん(id:besmart-chari)がスイスイと走っていくのを見た。

速すぎて、声を掛ける間もなく。。

チャーリーさんの力強い走りに元気をもらった。

 

~20㎞ (1'12'30")

10㎞を過ぎて、湧別を離れ、いよいよサロマ湖へ。

トップランナーの集団とスライド。

速くて、全く別のレースを見るようだ。

 

スタート直後トイレに行ったというのに、またトイレに行きたくなってしまった。

例年より遅いペースで走っているので、なるべくタイムロスをしたくないが、こればかりは致し方ない。

何回か入ったことのある公衆トイレに入った。

個室が2個しかないため、私の前には7人ぐらい既に並んでいた。

ちょっとイライラ。

でも、ここで一息入れて、リラックスしなければ。

結局、ここで7、8分使ってしまったと思う。

 

トイレを済ませて、再び走り出す。

すると、左足のシューズの所謂「ベロ」と言われる部分(足首下方の前面)に妙な痛みを感じた。

これまで経験したことがない痛み。

いつもと違うシューズの履き方をしてしまったのだろうか?

一旦シューズを脱いで履き直した方がいいのかも・・・と思いつつ、トイレでのロスタイムが気になり、そのまま走り続けた。

 

20㎞手前の三里番屋の折り返しに向かう道で、チャーリーさんとスライド。

すかさず、「イカーッ!!」と声を掛ける。

速い、速い。

イカ新記録を予感させる走りだった。

 

その後、だんなとスライド。

だんなは、「マイペースでね」と声を掛けてくれた。

 

私も頑張ろう!と思う反面、左足首前面の痛みはどんどんひどくなる一方。

まだまだレース序盤なのに・・・

不安がどんどん増幅していった。

 

~30㎞ (1'07'47")

20kmを過ぎて、さすがにこのまま走る訳にはいかないと思い、一旦、完全に立ち止まり、コース端に座り込み、シューズを脱いで、履き直した。

その際、ソックスがたぐくまっているのかとも思い、しっかり伸ばした。

ここまでやれば大丈夫!と思い、再び走り出したが、足首前面の痛みは消えてくれなかった。

ソックスとシューズの相性が悪いのか?

 

54㎞地点のレストステーションに替えのソックスが置いてあるので、履き替えようと思った。

しかし、そこまで行くのに、まだ30㎞以上走らなければならない。

そう思うと、気が遠くなりそうだった。

 

そうこうするうちに、左肘の内側が痛くなってきた。

骨折の影響なのか、長い距離を走っている間に、左肘の周りに突っ張り感を感じたことは何度かあったけれども、肘の内側に痛みが出るのは初めてだった。

 

足首の痛みに肘の内側の痛み。

これまでになかった痛みが、何故こんな大切な時に出てくるのか?

まだレース序盤だというのに・・・

 

でも、この時点でレースを諦めるのはまだ早いと思った。

その一方で、ワッカを走る自分が想像出来なかった。

本当にこんな状態で、完走出来るのだろうか?

不安しかなかった。

 

~40㎞ (1'12'29")

足首と肘内側の痛みは相変わらず。

さらに、悪いことに、35km辺りから、急に気温が上がった。

天気予報を信じて、「気温は上がらない」という前提で、厚手長袖Tシャツを着ていた私には大打撃。

さらに、長袖Tシャツの下には、肘の痛み対策で、ザムストのアームカバーをしていた。

そりゃ、暑い訳だ。。

これ以上肘の痛みが増すのが怖かったので、アームカバーはそのままにして、Tシャツの袖を可能な限りまくり上げた。

それでも、やはり暑いものは暑い。

 

暑さと足首の痛みで、35km過ぎからはかなり歩いてしまった。

54㎞地点のレストステーションで、薄手長袖に着替えようと思ったが、果たしてそこまで辿り着けるだろうか?

この辺りで、完走という文字がどんどん遠のいていくのを感じた。

 

~50km (1'32'42")

フルの通過が4時間55分55秒。

当初、5時間以内に通過出来れば、何とか完走出来るかも・・・と思っていたが、こんなに序盤から歩くことは全く想定していなかった。

 

「走らなきゃ」と思えば思うほど、走れない。

走ると、過呼吸状態になってしまう。

思えば、暑さに相当やられていたのかもしれない。

 

45㎞から国道に出てからは、上り坂が始まる。

このぐらいの時間帯になると、坂を走るランナーはほとんどいない。

歩くのが遅い私は、歩いているランナーにも抜かれるほどだった。

 

「悔しい」

 

思わず、口から出た言葉だ。

 

肘の内側の痛みは気にならなくなったが、左足首の痛み、過呼吸状態は相変わらず。

この状態でレースを続けるのは無理だし、そのうち関門にも引っかかってしまうだろう。

国道を歩きながら、次の50km関門でリタイヤしようと決めた。

 

歩きながら思い出されたのは、レース前最後のエントリーに頂いた、naoさん(id:saitoh_naoki)の「完走目指して出し切ってきて下さいね。」というコメント。

berry42195.hatenadiary.jp

 

これで、自分は「出し切った」と言えるのだろうか?

ずっと歩きながら、自問自答していた。

でも、「もうこれが限界。やはり1ヶ月ちょっとの準備では100㎞は無理だったのだ」と思った。

悲しかった。

 

既に気持ちで負けていた私は、リタイヤするためだけに、50㎞関門へ向かって歩き続けた。

 

~続く

 

 ☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ