Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

サロマまで4日~寒さ・風・雨対策はどうする?

引き続き、サロマ当日のお天気が気になって仕方がない私。

今、天気予報をチェックしてみたら・・・


f:id:berry42195:20190626161440j:image

 

最高気温17度!

昨日の予報では14度だったので、だいぶ暖かくなる予報に変わっている。

しかし、12~18時の風速は5mか。。

気温が上がっても、強風で体感気温が下がる可能性がある。

しかも、相変わらず、降水確率は一日を通じて50%と高い。

今年のサロマは、寒さ・風・雨対策が必須と言えそう。

 

冷たい雨の中のウルトラマラソンと言えば、2012年4月のチャレンジ富士五湖を真っ先に思い出す。

スタート時は一面の雪景色。

「本当に開催するの?」と思ってしまったぐらい、辺り一面、雪が積もっていた。

私は100㎞の部に参加したが、走っている間、ずっと冷たい雨に降られ続けた。

雨は時折みぞれに変わった。

とにかく寒かった。

今年3月の東京マラソン当日のお天気が、半日以上続いたイメージだ。

 

あの年の富士五湖では、かなり早い段階でリタイアした人が数多くいた。

原因は、低体温症。

エイドで凍えながら収容バスを待っている人を見たところ、薄着の人が多いように見えた。

 

私はと言えば、厚手の長袖Tシャツ、ロングタイツの上に厚めのウィンドブレーカー上下、それでも寒かったので、ビニールのレインコートを着ていた。

その時着ていたレインコートが、まだ残っている。


f:id:berry42195:20190626164059j:image

何だかメルカリの商品画像みたい(笑)。

 

かなり長い丈のレインコートだ。

フード付き、ポケットもちゃんとついている。

どこで買ったか覚えていないが、100均ではなく、どこかのコンビニだったように記憶している。

 

私があの年の富士五湖を完走出来たのは、このレインコートのおかげだと思っている。

これのおかげで、体温が下がり過ぎるのを防ぐことが出来たからだ。

 

サロマでは、さすがにそこまで気温が下がることはないだろう。

しかし、風で体感気温が下がる可能性があるため、55㎞のレストステーションに、厚めのウィンドブレーカーなど、何かしら上に着ることが出来るものを用意しておこうと思う。

このレインコートも、お守りがわりに持っていこう。

 

2012年の富士五湖で出来ていなかったのは、シューズとグローブの濡れ対策。

レース後、特にひどかったのは、手。

14時間近く冷たい雨に濡れ続けたため、フィニッシュ時、グローブの下の手はふやけてむくみ、水死体のようになっていた。

走っている間、誰かが、「使い切りのビニール手袋を持ってくれば良かった」と話しているのを聞いた。

全くその通りだと思った。

サロマ当日の天気予報では、6時間降水量はいずれの時間帯もゼロなので、そこまでひどい雨降りにならないとは思う。

しかし、念のため、ビニール手袋も、レストステーションに置いておこうと思う。

 

レーニングの方は、調整モード。

今朝は、晴海大橋豊洲大橋と橋巡りをした。

 
f:id:berry42195:20190626161451j:image

晴海大橋

晴海側の坂はかなり急こう配。

 

POLARの計測結果:


f:id:berry42195:20190626161500j:image

 

たったの6㎞・・・

走り足りない気分でいっぱい。

でも、走りたい気持ちは、サロマ当日まで取っておこうと思う。

 

☆6月の走行距離: 245.57㎞

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ