Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

全日本マラソンランキング今昔物語

色んなところで全日本マラソンランキングが話題になっているので、便乗(笑)。

 

昨年度は、11月の大阪マラソンで出した記録が対象となった。


f:id:berry42195:20190522215415j:image

 

148位というと「そんなもんか」と思ったりもするが、上位8%なので、実は、かなり良い記録のようだ。

 

 

この全日本マラソンランキング、「マラソン1歳刻みランキング」としてスタートしたのは、2006年だったと思う。

その時の記録が↓。


f:id:berry42195:20190522222350j:image

 

荒川市民マラソン(今の板橋シティマラソン in ITABASHI)で出した、3時間42分06秒。

順位は74位と100位以内にランクインしているが、母数がたったの360人。。

これから後に訪れたマラソンブームで、どれだけランナーが増えたことか。

 

当時は、今のように、記録証をダウンロードなどなく、100位以内にランクインした人に、ランナーズが勝手に紙ベースの記録証を郵送して来た。

101位以下の人は、ネット上で順位は確認できるが、記録証を手に入れることは出来なかった。

なので、100位以内にランクインすることは、かなり特別なことだった。

 

↑の記録証を受け取った時の私は、乳がん闘病の真っ最中。

でも、100位以内にランクイン出来たことが大きな励みになったのを覚えている。

「病気を乗り越えて、またランキングで100位以内にランクインするんだ!」と気力が湧いた。

 

これまでこのランキングでの最高順位は69位だったと思う。

対象大会は、確か、PB(3時間36分44秒)を出した2010年の大田原マラソンだったような。。

翌2011年も、大田原マラソンで100位以内に入ったと記憶しているが、それ以降は100位圏外に落ちてしまった。

当時は仕事が多忙を極め、思うような練習が出来ず、タイムが落ちたことが一番の理由だが、ランニングブームで女子ランナーが著しく増えたのも理由だろう。

 

今年の大阪マラソンでは、3時間45分ぐらいを狙いたい。

それでも、100位には入れないと思うが、それはそれ、これはこれ(笑)。

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ