Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

【三都物語完結】名古屋ウィメンズマラソン2019~スタート前

レース当日は、5時20分起床。

ホテルの部屋で、前日コンビニで買ったパンとおにぎり、ヨーグルトの朝ごはん。

名古屋シティマラソンに参加するだんなと一緒にホテルを出たのが、6時40分。

 

ホテルの最寄り駅がJRの名古屋駅だったので、JRでナゴヤドームに行くことも考えたが、最寄り駅の小曽根駅からドームまで徒歩15分と知り、地下鉄で向かうことにした。

前の週に既にフルマラソンを走っている53歳のばあさんとしては、なるべく体力を温存したかった(笑)。

しかし、ホテルから地下鉄の名古屋駅まで、意外に時間がかかったことは誤算だった。

さらに、予定よりも1本早い地下鉄に乗ったのにもかかわらず、既に車内がラッシュアワー並みの混雑だったのも誤算。

結局、おしくらまんじゅう状態で、体力を使ってしまった。

女の闘いは、地下鉄の中で既に始まっていた。

 

ナゴヤドーム前矢田駅の改札を出て、しばらく駅構内を進んだところで、フルとハーフでスタート地点に向かう道が分かれる。

ここで、お互いの健闘を祈りつつ、だんなと別れた。

 

1週間前の東京マラソンの反省もあり、スタート地点に着いたら、とにかく早く荷物を預けて、トイレに並ぼうと思った。

 

berry42195.hatenadiary.jp

 

だんなにメールしたり、FACEBOOKに「行って来ます」的な投稿するなど、センチメンタルな行動はNG!

幸い、東京マラソンの時とは違い、スタート前は、とんでもなく寒い訳でも、雨が降っている訳でもなかったので、さっさとウィンドブレーカー上下を脱ぎ、ゴミ袋をかぶり、荷物を預けた。

そのまま、スタートブロック横の仮設トイレにGO!

 

素早い動きが功を奏したのか、トイレにはまだ10人弱しか並んでいなかった。

しかも、洋式トイレを使いたい人は、その旨ボランティアの方に申し出ると、順番を待たせてもらえる。

まずは、洋式トイレでゆっくりと座り、出せるものを全て出し(苦笑)、そして、そのまま、またトイレの列に並んだ。

結局、3回も、トイレに入り、また、トイレに並ぶ、を繰り返した。

さすがにそこまでやれば、やり尽くした感あり。

東京マラソンの時の反省が活かされた。

 

Bブロックに到着したのが、8時15分。

スタートまでまだ55分あるので、超余裕。

・・・と言うか、やることが全くない(^^;

体力温存のため、地べたに座って、ボーッと人間観察。

周りを見ると、何かみんな若~い。

Bブロックに、50オーバーのばあさんがいるのが、ちょっと違和感。

私自身も、何故Bブロックなのか、不思議でならないのだけどね。

同じ申請タイムで、東京マラソンはEだったのだから。

 

そのうち、エイベックス所属のタレントさん(?)によるウォーミングアップが始まり、それに引き続き、スタートのセレモニーがスタート。

miwaさんが国家独唱。

長いロングヘアのイメージがあったmiwaさんが、ショートヘアでビックリ。

後で、ネットで調べてみたら、miwaさんがショートにしたのは、昨年の12月始めのことと判明。

全然知らなかった。

 

セレモニーが終わると、スタート地点へと移動。

ドアラが「おちつけ」と紙に書いて、メッセージを送ってくれていた。

 

f:id:berry42195:20190313133651j:plain

ドアラオフィシャルブログより

 

バルーンを手に持った、おもてなしタキシード隊のイケメンが見送ってくれる。

東京マラソンのスタート時バタバタと違って、今回はすべてがスムーズ、うまく行っていた。

 

車いすマラソンスタートの10分後、9時10分にマラソンの号砲。

スタートロスは、たったの29秒。

スタートライン上に設置されたテレビカメラに思いっ切り手を振って、走り出した。 

 

~続く

 

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ