Step by Step ~ アラフィフ女子のマラソン挑戦記

二度の恥骨疲労骨折を経験したアラフィフ女子ランナーがサブフォー達成!焦らず、マイペースで、自己ベストを目指します。

2003年12月の練習を振り返る。

背中から腰にかけての妙なハリが消えてくれない。

昨夜だーりんに体の裏側にフェイタスを3枚貼ってもらったのだけど、さほど良くなっているようには思えない。

困った。

 

午前中、行きつけの整骨院に電話して空きがないか聞いてみたけど、残念ながら、今日は満床とのこと。

 

こんな時には、故障中注力していた英語の勉強でもして、有意義な時間の使い方をしたいところだけど、ダラダラ、うだうだ。

整骨院からキャンセル待ち発生の電話を待ちつつ、ネットサーフィンしたり、テレビで台風情報や日本ボクシング連盟の山根会長辞任のニュースを見たりしてたら、あっという間に夕方になってしまった。

 

今日、たまたまネットでこんな記事を見つけた。

service.smt.docomo.ne.jp

 

サブリナ・ウィーサーというニューヨークで活躍しているランニングコーチが書いたものらしい。

その中で、ちょっと目を引く文章があった。

 

 一週間休んだくらいであれば、すぐに元の強度のトレーニングを行っても差し支えない。でも10日間休んだ後は普段の70%、15日から30日の休止の後は60%、1〜3ヶ月の休止後は50%の距離に取り組む。そして3ヶ月以上の休養後には、初心者向けトレーニングに改めて取り掛かるつもりで始めてほしい。


長い期間、特に病気やケガが理由で休養していた場合、身体に起こっている変化も大きい。ランナーとしてカムバックするにはそれなりに長い、ゆっくりとした調整期間が必要となるのだ。

 

私の場合、まともに走れなかった期間が1年9ヶ月にも及ぶので、サブリナさんがおっしゃることに基づけば、初心者向けトレーニングに改めて取り掛かるつもりで再開するべきなのだろう。

 

で、何となく気になって、走り始めた2003年12月に自分がどういうトレーニングをしていたのか、当時付けていたExcelワークシートの練習記録(言うまでもなく、当時はJognoteなどなかった)を振り返ってみた。

  

f:id:berry42195:20180808170929j:plain

 

何とシンプルな!

タイムの記録すらない。

「初めて外を走る」(当時は・・・というか、当時も、ジムのトレッドミルで走ることが多かったように記憶している)とか、「初めて60分走った」だの、何とも初々しい。

 

当時は、長距離通勤で、ランニングのために使える時間も限られていたと思う。

そんな中、コツコツと短い距離を積み上げて、ランニングを始めた1ヶ月で102.49㎞走ったのだ。

エライぞ、15年近く前の自分!!

しかし、こんなに単純な練習だけで、翌年の3月の10㎞レースを50分01秒で走ることが出来たのだ。

今考えれば、スゴイことだと思う。

 

今の自分は、現時点での自分の体力や走力を考慮に入れずに、頭でっがちになり過ぎている気がする。

今一度、当時のようなシンプルなジョグをベースとした練習に立ち戻ってみる必要があるのかもしれない。

 

前出のサブリナ・ウィーサーさんは、以下のような言葉で、記事を締めくくっている。

いずれにしても、予期せぬ事態、ケガや精神的な落ち込み、多忙など、ランニングを中断しなくてはならない状況は、訪れるときには訪れるものだし、それには何らかの意味があるものだ。

それはランナーとして、そして人間としてのあなたの旅路の一部であり、例え望まぬ事態であったとしても、ポジティブに乗り越える経験は、あなたをもっと強く豊かにしてくれるに違いない。

 

私も、今度こそ、故障を乗り越えて、もっと強くなれればいいなぁ。

☆ランキング参加中!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ